二次会の準備

二次会結婚式で行われることが多い二次会。新郎新婦と親しい友人であれば、この二次会の幹事を頼まれることも少なくないでしょう。この二次会の準備は基本的に新郎新婦がするものではなく、幹事が行いますので、参加人数によって多少の上下はありますが、二次会の準備を行い、当日開催するまでは非常に大変な労力を使うことになります。また、これはあくまでも二次会の幹事ですので、仕事とは違いもちろんお給料が出る訳ではありませんので、仕事の時間以外でやらなくてはいけないと考えると時間をどれだけ費やしても足りないくらいです。

そんな二次会の準備で大変なことはいくつかありますが、その中でもビンゴ大会などで使用される景品は二次会のメインイベントと言っても良いでしょう。そして、景品はもちろん幹事のセンスが試されますので慎重に行うことが大切です。しかし、景品を準備すれば良いだけではありません。景品を準備したらその景品を参加者に渡すわけですので、上級者になるとその景品の渡し方に工夫をすることで、参加者はもちろん新郎新婦も喜びますし、二次会が盛り上がります。

具体的にどのような渡し方かと言うと、例えば景品自体はあまり値段が高くない駄菓子の詰め合わせなのですが、サプライズで高級ブランドの包装紙に包み、参加者を期待させておいて中身を空けたら駄菓子だったなどという演出をすることで笑いが起こり、会場全体が盛り上がること間違いなしです。このように二次会を準備し、そして盛り上げる為にはこのような演出も考えなければいけませんので、幹事さんは大変ですが、新郎新婦の為にも喜んでもらえるような二次会にできるようにオリジナリティ溢れるアイディアを出してみて下さい。


☆関連記事☆

  1. 二次会準備で大事なこと
  2. 二次会景品の準備について
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket